« August 2006 | Main

Monday, 11 September 2006

強くなるアイテム。

- いつも前向き + とにかく元気 + ひたすらひたむき -

そんなCチームの練習を普段見てると、めきめき上達していて

いろんな事ができるようになっているようでした。

内野に関しては、アウトカウントに応じた守備位置、

打球方向によって変わる 塁のカバーリング、

外野では、伸びる打球やそらした球に対しての追い方、

牽制球・送球へのカバーなど

みんな 繰り返し練習し、すごく上手です。

そんな成果を見たいと思っていたところに

今日、練習試合が組まれてとても楽しみでした。



まぶしい太陽の日差しの中で試合は始まり、

ヒットも盗塁も出て、順調に得点しました。

ですが、2回以降は相手の強力で冷静な打線、

相手ピッチャーの崩れることない正確なコントロールに

点差を広げられるばかりになっていきます。

その頃、ベンチから聞こえてきた声は

   『あ~。。。また虹、出ないかな~。』

   『そぅだよ。 虹探そうよ。』

そうです。 以前の大逆転劇の “虹の力” でお世話になった

勝利アイテム≪虹≫を思い出したようです。

   『あん時、AKIくんが最初見つけたんだよねー。』

   『そうそう、だからAKIくんが最後ホームインして

    勝ったんだよねー。』

気持ちよさも思い出しながらなのか、笑みがこぼれます。

   『じゃあさ、雲とかでもいいじゃん。』

   『バットの形の雲とか、見つけられないかな~?』

思わず私も、空を見て探してしまいます。

   『あー・・・。 お願いします、神様。』

祈るようにTAIくんがつぶやいて空を見上げていました。


その後も思うように打てず、さらに点差が開いた頃。

マウンドのYUKIくんのまん前で、ヒラヒラと飛び回る蝶。

キレイなアゲハ蝶が二匹、踊るように飛んでいました。

YUKIくんも、もちろん気づいて目をやりましたが

試合中なので何も言わず 続けてボールを投げました。

   『目の前にヒラヒラと蝶がいたら、集中できず

    投げにくいかな?』 と、思ってみていましたが

逆に力強い直球が決まり、見事三振を取りました。

蝶はそれからも、私たちのベンチのあたりを飛び回り

何度か視界を優雅に横切っていました。


その後の最終回。

点差はすでに15点差で負けていました。

暑さと疲れで集中力もなくなるであろう頃なのに

なぜかいつも攻撃がさかんになる お得意の最終回。

今回も簡単に終わることはありませんでした。

打者は続き、ホームを踏んで帰ってきます。

そして盛り上がるベンチからは

   『さっき “勝利のアゲハ” がいたんだよ!』

   『うんうん、いたよね。 見たよ! “勝利のアゲハ”』

打線がつながりだしたのは、さっきのアゲハ蝶のおかげだと、

そういうことらしいです。。。

今度はアゲハ蝶が守り神となったのですね。


残念ながら“勝利”まではいかずに、ゲームセットとなりましたが

最終回で1年生のHIDEくん・REIくんも打席に立つことができ

みんな満足気に試合を終えることができたようです。



日頃の練習で教えてもらっていることはキチンとできていたし、

外野は後ろにそらさないように 身体でとめるとか

そういうとこでも素晴らしいプレーがたくさんありました。

それにしても、自然や植物や動物・昆虫など

きっと何でも味方にしてしまう。

彼らを最強にするのに必要なアイテムは、

そういった“感動”の心なのかもしれませんね。


自然現象や自然の中の生き物。

次の試合でも登場してくれるよう、お願いします。

それまで、まだまだ練習しておきますからね☆

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 04 September 2006

環境のよいグランド作り。

朝、公園に到着直前にTAKUくんを送ってきたOさんに出会い

   『今日、練習試合なの?』 と聞かれ

   『いんや、普通に練習。』 と答えた。

なんでそんな事、聞かれたんだ? 

と不思議に思いながらグランドに入ると

明らかにRWではない団体がベンチにかたまっている!

しかも、きちんとトンボかけをしている!!

誰?! と思いながらよーく見ると

昨年卒部した中で紅一点だった女子がいます。

中学に入ってソフトボール部に入った子でした。

どうやら、ソフト部が中学校のグランドを使えず

せっかく集合したのだからと、ここで練習していたのでした。


そう、この公園は専有グランドではなく市の公園。

地域の皆さんと共有で使わせてもらっていますから、

いつでも誰でも自由に利用できるんです。

平日はグランドゴルフ、夕方になると犬の散歩と

地区の方々の憩いの場です。

土日はRWの野球の練習場所として、

ある意味専有しているわけですが、

使ったらキレイにしておくのは当然。

ソフト部もきちんと直してから帰っていきました。



練習が始まると、MIコーチが あの “高枝ばさみ” ってのを

持参して登場!!

TVショッピングで見たことはありましたが、

実物は初めて見ました。     (「今すぐお電話下さい。」ってヤツ)

何が始まるかと思ったら、外野のライン奥の木の枝を

切り落とすのだそうです。

ホームランゾーンに生えている木から張り出した枝が

わっさわっさと育って、外野奥に伸びてきています。

ホームランぎりぎりの外野フライが当たる可能性が大きいんです。

それを 『予測ホームラン』 とするのか、

東京ドームの天井のように、ローカルルールにするのか。

審判部としては、はっきりさせたいというとこなのでしょう。

今後、公式戦も行われるかもしれないこの球場で

不備なく行えるように 邪魔な木をやっつけにかかりました。


   『高いところもラクラク♪ これは便利☆』 

のキャッチフレーズどおりに、どんどん落としていきます。

しまいには脚立とノコギリまで登場!

なんかおもしろそう・・・と思ってしまった私。

ついには木に登って、一本切らせてもらいました。 (喜

木登りなんて何年ぶりでしたが、 (おっと、、、何十年か?)

すっきりとホームランゾーンの手入れを終了いたしました。


普段、内野のさかいめの雑草抜きをしているHAコーチも

朝早くから、それに平日でも時間があれば

雑草の根っこから掘りぬいていっています。

おかげで内外野の芝と土の分かれ目が美しいこと☆

これで、気持ちよく守備してもらえるってもんですよね。



選手たちは、その間も練習&練習。

厳しい表情で真剣に練習に励むAチーム。

ちょっと笑顔がこぼれると

   『ナニ笑ってんだっ!! 真面目にやれ!』

とコーチからゲキも飛ばされています。

なんたって最後の地区大会前ですから

必死モードに入らないといけないんです。


Cチームは5人で1組のキャッチボールリレーをしていました。

一列になって いったりきたりのキャッチボールを

3組が競争しています。

コーチからは   『もっと呼べっ!! 声出して呼べ!』

   『来いっ! さ、来い!』 と選手も叫びます。

で、 「一位だった☆」 「二位だった」 と喜んでいました。


走塁&守備練習では、三塁から飛び出すとホームにはさまれて

追って逃げて、投げてまた追っての練習。

はさまれたKOKIくん、

   『やっべぇ~~♪』 と笑顔で逃げます。

真剣な中にもかわいらしさが溢れているんです。


この間、内野はAチームの練習だったため

外野のはしっこの芝で練習していたCチーム。

6年生が帰ったあと、残って1時間 内野での練習をしました。

普段はバウンドが不安定な芝での練習をこなしてますから、

状態のいい内野の土では、ゴロさばきもお手のもの。

本当に上手になったなー、と思いました。



練習前に、練習の合間の休憩に、練習終了後の帰る前に、

コーチの方々はマメにトンボをかけたり

ブラシをかけたりと グランドを手入れをかかしません。

いつ見てもきれいなグランドで

心置きなくこの公園を使えるようになっています。

自分たちだけでなく、みんなが使う公園ですからね。

いつでも状態がいいように心がけておきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, 03 September 2006

夢野球に行ってきました。

快晴の天気、秋めいた 涼しく過ごしやすい季節です。

いつもどおり練習をする指導者と選手も、気持ちよさそうに

野球をしています。

ネタ切れになったわけではないですが、8月13日に行われた

『ドリームベースボール』 の様子を思い起こしてみました。

    (早くしないと時期遅れになっちゃうのよ~)



Dreamzentai_1 その日はRWから5名の選手が個人参加。

午前中に行われた野球教室の前の記念撮影。


金田正一・稲尾和久・有藤通世・村田兆治らの名球会メンバーや

達川光男・山本和範・屋敷要・内藤尚行などのOBなど

ものすごい豪華なメンバーがたくさんいらっしゃってました。

参加している30チームほどの少年たちが、

それぞれ分かれて各選手に指導してもらいましたが、

RWはまず、佐々木誠選手(元西武・阪神)に

打撃を教えてもらいました。

Dsasaki 元プロ選手にトスをあげてもらいバッティング。

一人ひとりに丁寧に声をかけてくれていました。


その合間に隣で指導していた駒田徳広選手を視察。

Dkomada_1 やっぱおっきいな~という感じ。

まだ若いし、ものすごい力強さを持つ方。

間近で見るとホントにデカかった~。


その後は、守備の練習になり 前原博之選手(元中日・西武)から

ボールの握り方に始まり、基本からみっちり教えてもらいました。

Dmaehara とっても優しくおだやか~に話す方です。

   (私に「女性のコーチですか?」と話しかけられて

    めっさアセりました・・・。)


投手の二人は内藤尚行選手に見てもらいました。

今は“ギャオス内藤”という名でタレント活動されているとか?

ユニフォームの名前も 『GYAOSU』 って。 (笑

(なんでギャオスっていうんだ?)

Dgyaosuy いろいろ、おもしろおかしく (でも真面目に)

教えてくれていました。

Dgyaosu とにかく明るく、みんなと

触れ合っていました。


そしてあっという間に野球教室は終了。

午後からはホームラン競争が行われ、

ドリームチームvs市の選抜チームとの試合です。

駒田選手が軽々とホームランを打ったり

村田兆治がフォークを投げたりと

ナイスプレーの連続で、ものすごく楽しめました。


その中に出場していたOBで 本西厚博選手(元ロッテ)がいました。

実は彼のお嬢さんが同じ小学校(昨年卒業)という

ちょ~地元の選手なのです。

こんなスゴイ方が近くに住んでおられるのですよね。


今は森田健作が監督の 『千葉熱血MAKING』 という

クラブチームのコーチもしてらっしゃるそうです。

地元 千葉の選手がたくさん活動されているそうですから、

ぜひ応援していきたいですね。

   (願わくばRWのことも応援してくれぃ!)


そんなこんなで、とーっても暑いあっつい日でしたが、

ドリームチームの選手の皆さんのおかげで

たくさんのいい経験をさせてもらったようです。



余談 : その前日にAO・NU・MU・NAの4名のコーチが

      村田兆治さんらに「指導者クリニック」として

      講習を受けています。

      プロから教わった指導術。

      どう効果がでるのか?

      乞うご期待☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main