« July 2006 | Main | September 2006 »

Sunday, 27 August 2006

あとのお祭。

くぅぅ~。。。

ついに来てしまいました、6年生にとって最後の中央大会です。

天台球場で市内80チーム近くが一同に集合しての開会式。

記念撮影をして、整列して始まりました。

Chuoukaisiki





夏休みだから体力が落ちているのでしょうか?

アチコチのチームから具合の悪くなる選手が続出。

蒸し暑い中で起立したまま話を聞いているのは

ちょっと しんどかったようです。

一人、またひとりと運ばれていきました。

ウチのチームからは幸い倒れる子はいませんでしたが、

これから試合に臨むにあたって、体調不良な選手が出ないか

とても不安な光景なのでした。



そして青葉の森球場に移動。

軽く昼食を済ませ、第一試合が始まります。

ん~・・・、、、

少し気合が足りないかなー?という出だしの調子に見えました。

初回から4点とられて 「このままズルズルいっちゃう?」 

と思いきや

DAIくん・KOUくん・SAWAくんの強打派選手が打って

(ちょっと)盛り上げました。

でも、やはり夏の練習不足の影響なのか

イージーなミスからの失点が続きました。


ですがっ KAIくんの打った一塁線を抜ける打球は

ずんずんとライトを越えていきます。

その間、俊足KAIくんは迷いもなくベースを蹴っていきます。

ようやくボールが中継に渡った頃には3塁に到着するとこ。

   『ストップ! ストップ!』 とコーチの声。

でも、ほとんど3塁ベースを踏み越えていたKAIくんは

そのままホームに突っ込んできました!!

キャッチャーに戻ってきたボールと滑り込んできたKAIくん。

まさにクロスプレー!

いや、タイミングはアウトに近かったかもしれません。

ところが! キャッチャーはボールをこぼしていました。

KAIくんのスライディングの勢いが勝ったのです。

前向きなファイティングプレーが幸運につながりました。

素晴らしい走りを魅せてくれました。

4年生からは 『暴走ランニングホームランだァー!!』

と驚きの声があがっていましたが、

この大きな大会で、、、この立派な球場で、

ホームランを打ったことは 大人になっても記憶に残る

とてもいい経験をしたのではないでしょうか?


結果的には点差を詰めることができず敗退してしまいました。

ひとりひとり、どんな思いで この試合に臨んでいたのかは

わかりませんが、明日につなげることができなくて残念でした。

もっともっと本気で戦っていくことができたのかもしれない・・・。

最後まであきらめないという気持ちが弱かった。

そんな印象を受けたまま、球場をあとにしました。



がっ。

そんな気持ちをさっさと切り替えて、夕方からは小学校で

盆踊り大会に参加なのでーす☆

RWからはいくつかの出店をするとあって、準備にアタフタ。

祭りが始まると次々やってくる子供たちにセカセカ。

- かき氷・くじびき・ヨーヨーつり・ストラックアウト・ぶためん -

どれもお客さんでいっぱいでした♪

コーチもお父さんもお母さんも、みんな必死に手伝っていますが

だれかかれもが笑顔、笑顔です。

普段は野球を教えているコーチが、汗かきながら作るかき氷。

お母さんたちからアツアツのぶためんを買う子供たち。

ヨーヨーつりのコツを教えてあげてるコーチ。

ストラックアウトでは有望な子をスカウトしてみたり。

あっという間の数時間をすごしていました。


夏休みが終わりに近づき、残るは宿題ばかり(!!)

(そんなの) 忘れて“夏の想い出”を楽しみました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 20 August 2006

スタミナ。

先週は夏休みでRWの練習がありませんでしたから、

久しぶりに会った子供たちの顔はみな日に焼けて真っ黒でした。

お出かけ中でお休みが多いものの、集まった選手とコーチたち。

とっても暑くて立ってるだけでもアイスのようにとろけそうな中、

今日はG隊員のNIさんによる“走り方講座”から始まります。


NIさんはG隊で長距離ランナーとして日頃練習されている方。

フルマラソンでもいい記録を持っていたり、

陸上大会での審判なども務めていたりとしています。

基本的なストレッチを始めとする準備運動を教えてもらい、

走り方のコツ(足の使い方)なんかを指導してくれました。

キビキビとした口調と動きをみんなそれぞれ真似して

とてもいい練習ができたと思います。


その後は、AとCに分かれてのキャッチボール練習でしたが、

とにかく暑くて暑くて、グダグダになります。

マメに休憩をいれるものの、次々と体調不良を訴える子がいました。

強い日差しの中で体力をぐんぐん奪われていくのでしょう。

真夏の練習にはとても注意が必要なのでした。

用意してあった氷もあっというまに溶けていくし、

ただ水分を補給していくだけでは身体の熱も冷めず、

早めに昼食休み時間をとったのですが

ほとんどの選手が食欲をなくしていて、

   『食べたくな~い。』

と、嘆いていました。


監督が水まきをしているところにいって、

頭から水をかけてもらって 気持ちよさそうにしていました。

   (そのあと監督も自分の頭から水をかけて 身体を冷やしていました。)

そうでもしないとぶっ倒れそうなほどの気温でした。

熱中症予防に水分と、塩分。 そして糖分。

真夏の練習を乗り越えるためにいろいろと心がけていくことが

必要だと感じました。


そして、いよいよ明日!

甲子園での高校野球の決勝戦が行われます。

この暑い中での連日の試合、もちろん投手は連投。

高校野球ってスタミナが重要なんですね。

筋力トレーニングで10キロ近くも体重を増やした

駒大苫小牧の田中クン。

お尻のポケットからミニタオル(?)を出して汗を拭う

上品でクールな早稲田実業の斎藤クン。

どちらも夏に強くなるための秘策を練った結果なのでしょうか?

スタミナと集中力の勝負、楽しみです。

以上、スポーツキャスターもどきになって解説してみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 07 August 2006

教えてもらおう。

昨日に引き続き猛暑の中、六年生は朝7時から集合しました。

今日は『千葉有藤会』の野球教室に参加です。

疲れもあるし、まだ少し眠たげな選手達は、

移動中の車内で(めずらしく)静かなもの。


有藤道世さんが校長先生(と、呼ばれていた)で、

生徒は200名以上!

講師には他に、榊慎一さん・庄司智久さん・和田孝志さん

そして、初芝清さん!

みなさんロッテの元選手で活躍された方々ばかり(らしいのですが・・・)

私を含め、子供たちになじみのあるのは やはり初芝さんですよね。

実は、初芝さんの家は 私の実家から徒歩1分の距離でして。。。

何度も家の前を行ったり来たり・・・。 (ストーカーではないですよー)

と、と、とにかく 親近感のある方なんです。

TVや球場で見かける姿よりも、間近で見るとかなりおっきくて

貫禄もあって、かっこよかったです☆


有藤さんも、『有賀藤(ありがとう)』ってダジャレた名前の

お好み焼き屋を経営してるとは知っていましたが、(失礼ですよね・・・)

本物は厳しい中にもユーモアのある語り口調で

子供にも分かりやすくて、伝わりやすい指導でした。

何を言ってもおもしろおかしくて笑えるんですよ。

本当にしゃべりがウマイっていうか。。。

ダジャレが好きなのが、よくわかりました(笑

暑い中、皆さん丁寧に教えていらっしゃいました。

ありがとうございましたー!



そしてCチームは千城台E・Fとの練習試合でした。

こちらも暑くてたまんな~い中で、必死の様子。

でもね、試合中の応援とか聞いてると 可愛らしくって

おもしろくって思わず笑っちゃうんですよ。

キャプテンYUKIくんがバッターボックスのRIKUくんに

   『がんばれー!RIKU-!!』

と叫ぶと、TAIくんも

   『がんばれ!RIKU-!!』

続けてFUTOくんが

   『がんばれ!RIKU-!!』

またまた続けて

   『がんばれ!RIKU-!!』

   『がんばれ!RIKU-!!』

   『がんばれ!RIKU-!!』

   ・・・・・

   ・・・・・

その場にいる7・8人が輪唱さながらに叫んでいきます。

   -ぉいぉい、一緒に叫べばいいじゃないか?-

と、心の中で思いながら笑っていると

   『ナイスセンッ!』

   『ナイスセンッ!』

   『ナイスセンッ!』

   ・・・・・

   ・・・・・

   ・・・・・

と、どんな時でも輪唱されます。 (再び笑)

みんな心を一つ(?)にしているのですね。

言いそびれることなく、言い忘れることなく応援するんです。

もちろん、一緒に応援歌を歌うときもあるんですけどね。


仲間にデッドボールが当たれば、すぐさまコールドスプレーを持って

駆け寄っていくYUKIくん。

三振してしまって ちょっとベソってしまった子がいれば、

『ダイジョブ。ダイジョブ。 この後ボクたちが打ってあげるから。』

と、声をかけてあげます。

そして言葉のとおり打線がつながっていくからスゴイんです。

試合は勝ったし、みんな笑顔がいっぱいだし、

楽しくってたまらないって様子がたくさん伝わりました。


野球の技術は教えてもらっているのかもしれませんが、

こういった思いやりの心は教えてもらうものではないから。


教える側も教わる側も、野球を通じていろんな事が見える。

いろんな事を教えてもらいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 06 August 2006

成長の盛夏。

八月です! 日本の夏です!

気温は30度を超す晴天の夏休み中。

真っ赤なTシャツ姿の選手たちの顔も、真っ赤になって走ります。


明日からは、甲子園での高校野球全国大会が始まります。

そんなに騒がれていませんが、

中国では女子野球のワールドカップも行われています。

女子高生がかなり活躍していて、中には中3生も出場しています。

つぅか、高校に硬式の女子野球部があるってことが驚きです。

そして世界と闘っているなんて、すごいです。


今日のRWにも、この夏の地方大会を終えて引退した

高校3年生のKAZUくんや、

高校2年生で、週末は草野球チームの試合に出場している

YOSHIくん・TAKAくんが先輩コーチとして来てくれていました。

軟式C級のボールが、軟らかくて小さく感じるくらいなのでしょうが

大汗をかきながらみんなと一緒に練習していました。

熱中症に気をつけるように、こまめに休息・水分補給をするのですが

そのときには小学生も高校生も関係なく、

仲間同士でいろんな話をして、楽しそうにしていました。


午後からは中学生OBも部活帰りに寄って、

また一緒に練習に参加します。

今年の始めまで同じユニフォームだったはずなのに、

中学のユニフォームを着ていると

こんなにも大きく見えるものなのでしょうか?

まだ8~9歳の今の選手たちのように、小さかった頃があったのが

信じられないくらい立派になりました。

逆に考えれば今のチビちゃん達も こんな風におっきくなるんだー。

・・・と、ちょっとすぐには想像できないくらい、

あどけない笑顔の子供たちなのですけどね・・・。


休憩中のベンチでは、

   おじぃちゃん家・おばぁちゃん家に行った。

   映画を観た。 

   プールに行った。

そんな話で盛り上がってます。

でもいざ練習になると、ギンギンの太陽を浴びて

よく走る、走る。

ただのランニングではつまらないだろうと、

サッカーボールを追いかけて、

軽く遊び心も取り入れて練習していました。

野球よりはるかに動きが激しいような気もしますが、

走って、蹴って、パスして、また走って。 と、

見てるだけでヘトヘトになりそうな運動量でした。


そうして夕方になる頃には、大人も学生も選手たちも

体重がすっかり減ってしまったのではないかと思うくらいの

汗まみれのシャツとタオルになってました。

よく、くじけずにこの暑い中 ガンバルな~っと、

ホントにホントに感心するばかりの一日でした。


炎天下での8時間弱。

これを耐えて頑張るキミたちには

この先どんなことがあっても乗り越えられる!!

植物ではないけれど、

太陽の光を浴びて、伸びろ~~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »