« June 2006 | Main | August 2006 »

Monday, 31 July 2006

キャンプ♪キャンプ♪キャンプ♪

夏休みのレクリエーションの一つ、
一泊二日のキャンプに行ってきました~!
キャンプというか、合宿というか、
とにかく大人も子供も一緒の総勢55名の団体旅行。
みんなで、たっくさんの経験をした30時間弱でした。
ダイジェストにしても話しは長ーくなること覚悟!!

行先は県内の茂原方面。
公園に集合してから車の台数にして14台。
どんな楽しみが待っているのか?
はたまたハプニングがあるのか?
ドッキドキの出発でした!


道に迷うもの数台があったものの、
無事に遠征先、パワーズさんのグランド到着。
30度を超す晴天の中で、お昼のお弁当と
炊き出しでいただいたお味噌汁を食べました。

食後はAチームの試合。
とにかく暑いっ! 暑すぎるゥ~!
選手も暑くてたまらんって様子でしたが、
条件は相手も同じ、ボヤいてられませんっ。
普段あまり経験することのない市外との交流戦です。
結果はそんなに点差なかったものの負け。
でも、森と田んぼに囲まれた中で
昆虫(嫌)やイモリ(嫌)・ヘビ(嫌)を見つけることもできて、
貴重な体験にもなりました。

その後はCチームの試合。
相手チームも基本のしっかりできた選手揃い。
ボヤーっとしてると次の塁を簡単に盗まれるくらい
気の抜けない中で、こちらも必死に戦いました。
暑さでのぼせてしまう子や、
鼻血がでてきたりする子もいましたが、
出来る限り集中してがんばっていました。
みんな根性見せてくれていました。
いろいろと勉強になる試合でした。
パワーズさんには、大変お世話になりました。


宿泊先のエアロビクスセンターに移動してチェックイン。
コテージや山荘に分かれて、家族や友達と一緒に過ごす
ウッキウキ♪タイムの始まりです。
大浴場に行って、夕食を食べて・・・。
って、なんじゃこの広さは~~!
移動するのに車でないと、たーいへん(泣
お風呂に行くのに、レストランに行くのに
部屋に戻るのに、常に運転手さんが必要です。
とってもとっても大きな施設なのでした。

その移動時間も頭にいれながらの行動で
慌しいものの、夜のお楽しみ会が始まります。
会長の挨拶に始まり、クイズ大会。
というか、なぞなぞ?
小さい子が難しい問題に答えたり、
大人より頭の回転が速い子供たちは
あっという間に正解♪していきました。

問題がつきた後は選手からクイズが出ます。
その場でいきなり何か問題を作ったのですが、
中には、兄弟選手の弟クンからの出題で
   
『RWで背番号3といえば誰でしょう?』
     
(答えは誰もが承知のとおり、お兄ちゃんなのです!)
なーんていうラブリー☆な問題に兄弟愛を感じてしまいました。

ホント笑った、笑った60分でした。

そして次の出し物、生ギターによるカラオケ?
AOコーチが弾くギターで唄うNAコーチ。
そしてMUコーチ、TAコーチ。
焚き火の周りでなくてよかったッスけど
フォークな世界に連れていっていただけました。
監督のアカペラもよかったですね。 
(あーいうのを唱歌と言うの?)
あっという間に楽しい時間が過ぎていきましたが、
その日の予定もそれで終了。
あっちゅう間の12時間を過ごして、
各部屋に戻り、おやすみとなりました。(寝

いや、そんな簡単には眠らなかったですかね?
家族で遊んだり、友達と枕投げしてみたり、
本当のお楽しみ☆はそこからだったんではないですか?


またよく晴れた翌朝。
寝不足ぎみの子もいるかな~?って思ったけど
きちんと集合時間に朝食をとりにきました。
食後そのまま、トレーニングルームで運動。
バドミントン・卓球を楽しんだのです。
その施設は各ジャンルの有名なアスリートも利用するので
壁やいたるところにサインがたっくさんしてありました。
プロ野球選手はもちろん、海外の陸上選手とかも見かけました。
その同じところでワキャワキャ♪遊ぶ子供たち。
疲れなんかまったくみせずに笑顔で元気、元気でしたね。

お世話になった施設の係の方に全員で挨拶をして
お昼ごはんも済ませて、いよいよ帰りの出発。
また14台の車に乗り込み、無事に公園に戻りました。


このキャンプ、たっくさんの方々の協力を受けて
最終的には成功したと私は思います。
もちろん反省点や困ったこともあります。
食事がイマイチだったな~とか。 (イマ百くらいかな?)
荷物運ぶのに手間どったなーとか。
もっときちんと準備しとけばよかったナってことが
いろいろ思い返されるばかりです。

もっとゆとりをもって予定を計画しとけばよかった。
子供たちにダメ出しや説教ばっか言ってしまった。
説明不足でみなさんに迷惑かけてた。
気がきかないとこ、たっくさんでした。
それでも誰も文句も責めもしませんでしたが、
     (それは私の、上からもの言う威圧感のせいで、言えない?)
なによりも大きなケガや病気もなく、事故もなくすごせたことで
心から安心なのでした。

子供たちは、笑顔で過ごせる時間がたっくさんあったかな?
強く言えない子は、我慢ばっかだったかな?
『楽しかった! 行ってよかった!』って思ったかな?
疲れただろうけど、素敵な想い出できたのかな?

私は、楽しかったナ。
それで充分でした。

差し入れに飲み物やお菓子をいただいた方々。
本当にありがとうございました。
残念ながら一緒に行けなかった選手や、父兄の方々。
次を楽しみにして下さいネ。

ともに参加していただいた方々。
お疲れ様でした!!
こんな風にキャンプができたこと、ほんと嬉しかったです!
ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 23 July 2006

選抜戦。

本日は、雨によるグランド不良のため 練習中止でした。

・・・で、先日‘海の日’に行われたIN区との定期戦を報告します。


その日、祝日ということでRWの練習はお休みでしたけど、

ウチの区とIN区の選抜選手による対抗戦が行われました。

RWからはKAIくんが代表として参加。

何度か選抜選手の合同練習を重ねたものの、

普段とは違うチームメイトとの試合には不安もあることと思います。


その定期戦は、も一つ 大人同士の試合も組まれていて、

連盟の役員さんや、指導者も いざ、出陣!なのです。

こちらは野口五郎似(?)のTAコーチが参加。

合同練習するヒマもなく、ぶっつけ本番で挑んでいきました。


少年の部で、KAIくんは先発出場。

日頃とは違う外野守備ではありましたが、

初打席を 四球→盗塁 と、いつもながらの調子を見せました。

とても落ち着いた素晴らしいプレーです。

しかし、全員出場させるために、早めに交代するものかな?

という不安をよそに、4回まで立派にやってのけました!


試合展開は、やはり精鋭ぞろいのチームですから

打っても、守っても素晴らしいプレーばかり。

見事に我が区の大勝となりました!!



気持ちよく勝ったあと、大人の部の試合も始まります。

こちらの監督は区の会長でもある、RWのIT代表です!

久しぶりにみたRWユニフォーム姿で はつらつと、

な、なんとキャッチボールを始めました(驚

そう、代表自身も選手として出場することになっている

いわゆる選手兼任監督。

英語で言うと「プレーイングマネージャー」  (みんな知ってるってばー)

ヤクルトの古田PMと同じ立場なのです。


試合の序盤は、なかなか点が動かないものの

やってくれました! 途中交代出場のTAコーチっ!!

初打席初球をライトへ引っ張り、見事な二塁打タイムリー☆

ガッツポーズも出て、気持ちよさそーでした。

          (かっこよかったですー♪)

その活躍もあって、リードしたまま最終回。

で、で、、出ました~。

「代打、オレ」 ならぬ 「レフト、わたし」 ってとこ?

IT代表が守備につきましたぁ~~。

残念ながら球は飛んできませんでしたが、

そのまま試合終了。

少年も大人も見事な勝利試合になりました。


その時、ちょうど雨も強くなってきて閉会式。

KAIくんは立派なメダルをもらって、

とてもいい経験と、記念になったと思います。


みんなチームの代表として、おおいに活躍した一日でした。

ほんとにおめでとう!! お疲れ様でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 22 July 2006

サードの醍醐味。

いつの間にやら部員が増えた!? というくらい

低学年のコーナーには、選手がたっくさんいます。

たしかにチョロチョロ体験中の子が増えてきてます。

そして始まった試合形式の練習では、

   『しっかり捕って~!』

   『走れ、走れ~!』

   『そんなんじゃ、ダメだよー!

コーチ以上に厳しい言葉が、仲間同士で飛び交ってます。

そう、、、けっこう身内に厳しい子たちなのです。

ダメ出しの (でも、はたから聞いてると可愛くって笑っちゃう)

言葉が、元気よく次から次へと出てくるんです。

そんなこんなで、決して静かでいる時間がないCチーム。

夏休みでも、野球の練習にくるのが楽しいのなら

教える側も嬉しいってもんですよね。


一方、Aチームも中学生・高校生・大学生のOBが参加して、

きびきびした練習が行われています。

サードゾーンでのランニングキャッチ&スロー&キャッチ。

最近よく行われている練習なのですが、

ランニングにあまり時間をかけれないのを補うために

サードでノックを受け、すぐファーストに返す。

そしてすぐさま走り、ファーストに行って

次の人からの送球を捕るという練習。

正確なキャッチと送球・すばやさが必要です。

ぐるんぐるん走りまわる選手に、見ているほうが

目がまわりそうなんです。


サードの守備は、右打者が引っ張って打つと

とても強い球が飛んでくるから 面白いと聞きます。

   (逆に、恐いんじゃないの~?)

バッターからの距離が近いから、反応が早くないと

考えて動く前に球が飛んできてしまう。

でも、守備範囲が広くない分、後ろにそらしさえしなければ

抑えられる。

ただ、ファーストへの距離はあるので

肩が強くないと間に合わない。

こういったことからでも、この練習の意味はあるのでしょう。

日頃、外野守備が中心の選手でも

バウンドが半端なゴロや、強襲ライナーなんかを

がっちり捕って、どんぴしゃな送球ができると

ちょっと自信がつくような気がします。


それにしても、高いバウンドを前に出ながら

上がりっぱなのところをグローブで上から押さえて

さささっと捕る、あの姿。

みんな、すっごいかっこいぃんですけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, 17 July 2006

おまけに初ホーマー。

外野の芝の緑がとてもまぶしい天気です。

選手はもちろん、私の肌も日に日に黒くなってきました。

ユニフォームシャツを脱いで練習している子が多くなってきて、

真っ赤なアンダーシャツが緑の中でとても生き生きとしています。



Cチームは、コーチ陣に加えて お父さんヘルパーも何人か参加。

野球好きの大人と子供の元気あふれる情景が見られます。

「タッチアップ」とはなんぞやとか、「オーバーラン」の仕方とか。

基本的なことを何度も何度も繰り返して教えていました。

夢中になって練習していますが、この時期 心配される

“熱中症”にならないよう、たびたび休憩をとり

水分を補給しながら 気をつけて練習しています。



低学年が練習終了して帰ったあとも Aチームは、

昨日に引き続き練習試合となりました。

千城台E・Fとは、今まで一番対戦しているかと思えます。

今までいつもいい勝負をしてきたような気がしてましたが、

今日はなんだか様子が違っていました。

低学年時代から何度も戦ってきましたが、

お互い最高学年となり、成長して差がついてしまったのでしょうか?

そうは思いたくないのですが、結果は15点差での負け。

投手戦だったはずなのに、守備力の違いがあからさまに出たような

とても残念な感想の試合になってしまいました。


そんな中でも 祝☆初ホームラン と言える当たりを魅せたのは

四番打者のDAIくんでした。

練習中では何人かのホーマーがいますが、

対外試合で、森に打ち込むネット越えは初めての事!

打った瞬間に 『行った~っ!!』 という大当たり。

とても見事なホームランでした。

   (ソロなのがさみしかったですけどね・・・)



今日のTVのクイズで初めて知ったんですけど、

お菓子なんかのいわゆる 『おまけ』 は、漢字で書くと

『お負け』 と書くそうです。    (え!?常識? うっそー!?)

せっかくの嬉しいホームランが  『おまけ』  扱いにならないよう、

“お勝ち” できればもっと盛り上がったのにな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 16 July 2006

真夏日の思いで。

とにかく暑いっ!!

最高気温は35度を超えるという中で、

何もしなくても汗が じと~っとしてきます。

それでも元気なRWは、おとなりのチーム『ホープス』さんとの

練習試合を行いました。


まず午前はCチームの対戦です。

何人かのお休みや体調不良の選手もいる中、

今日は選手交代もなく戦い抜きました。

YUKIくんのピッチングは安定していたし、

パスボールを一つもださなかったTAIくん。

みんな暑くて、真っ赤な顔でしたけど

お母さんたちがくれる冷たいタオルにも救われ

打って走って 今日も元気に勝利を決めました♪

いつもの事ながら、全員出塁☆

バッティングも好調で、特に2打席とも2塁打を放った

SHINくんなどの活躍がありました。

どんなに暑くても、この子たちの試合を見ると元気をもらえます。


その後、ほとんどお昼をとる間もなくAチームの試合になりました。

途中から応援にきた低学年から聞こえてきたのは

          『3番さん、頑張ってぇ~!』

“3番さん“というのは相手チームの背番号3の選手。

ケガの治療のためにしばらく野球をお休みすることになった彼。

今日はDHとして打撃のみの出場となっていました。

走るのは別の選手が代走するなどの対応はしたものの、

特別扱いするわけではなく、手を抜くわけでもなく

みんなで普通に試合をしました。

しばらくは一緒に野球をすることができないその子と

ただ一緒に野球を楽しめたのです。

RWメンバーの打撃不振という、ちょっとした課題は残りましたが

試合終了後には低学年と一緒に激励を贈ることができました。

向こうからは スイカ・ジュース・アイス・お菓子が贈られました・・・。

             (ごちそうさまでした!)

ときおり聞こえるカミナリの音に、このところ続いてる夕立がくるかと

びくびくしていましたが、幸いにもその音は遠のき

蒸し暑さも忘れて野球ができました。


何も特別な言葉がなくても、一緒にプレーできる。

そして再び戦う日を約束して、握手を交わす。


オトコの友情(?)ってのが、少し感じられたような気がしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 10 July 2006

ファイナリスト。

あと数時間でドイツW杯の決勝です! (見るつもりかいー?)

野球ではなくサッカーですけど、やはり気になります。

私的にはイタリアかな?って感じなのですが、

世間では、ジダン引退効果でフランス派が多いみたいです。



さて、、、こっちだって今日は夏季大会の決勝があったんです。

ウチのチームは決勝までいってませんが、破れた相手が優勝すれば

自分たちは二位だ!くらいの強気でいられますからね?

逆に 『あの時、勝っていれば優勝できたのに・・・。』

なーんて声もありますが・・・(汗


無事に決勝が終わって、閉会式。

強豪 ライオンズさんに全部持っていかれたような気もしますが、

お友達もいるし、素直に 『おめでとー☆』 です。

またゼヒ、闘いましょう!!



グランド練習の風景では、Cチームが今日も元気にやってました。

最近キャッチャーの練習に励んでいるTOMOくん。

外野も内野もオールマイティにこなす彼は、

落ち着いてボールを処理しています。

いままでは、投手交代は投手と捕手の入れ替わりが多かったけど

ピッチングの後のキャッチャーはちょっとキツそうで

特に暑い季節はかわいそうかな?って思ってました。

でも、TOMOくんがキャッチングできるようになったら、

TAIくんがピッチングに集中してできたり

いろんな意味でいい効果が期待できそうです。

そんな風にいろいろ試しながら、効率よく練習しているのでした。


Aチームでは、特にバッティングが光っている面々。

例年以上に飛ばし屋がそろっている気がします。

カーン!と当たれば、森(林か?)にたたき込むのが

めずらしくなくなってきました。

昨日なんかは、3本のバットをいっぺんに持って

ぶんぶんと素振りしていたDAIくん。

バット1本が600gくらいだとして。。。

1.8kgくらいを振り回してたのかぁ、すごいなー。

3本を持てちゃうくらい手が大きいってことですよね?

     参りました・・・。


それとは別に、区の選抜メンバーでの試合に備えて

合同練習に出かけたKAIくんとYUくん。

チームの代表として参加する大事な立場です。

いつもは敵としての相手が、同じチームの仲間となるわけですが

そこは柔軟な子供たち、違和感なく練習できたみたいです。

Alltrening2

   それにしても、いろんなユニフォームが

   一緒に並んでいるのも面白いもんです。


紅白戦でも、試合慣れしたベテラン選手ばかりですから

お互い声をかけあったりして、落ち着いた様子でした。

まだ練習の段階ではありますが、

   『塁に出たよ! 得点もついた!!』

と嬉しそうなKAIくんや

   『タイムリー打った。 ホームインもした。』

と、YUくんも活躍の報告をしてくれました。

区の12チームから精鋭がそろった中ですから、

遠慮せずにガンガンやれると楽しいのでしょうね。

本番でもいい経験ができて、実力が発揮できると思います。


そういったイベントなどもありますが、

しばらくは公式戦に備えた練習期間です。

夏休みも近いし、気がはずんできます。

ですが、いつでも気持ちは決勝に向かってるような

そんな前向き態勢で行きましょう!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 09 July 2006

先輩たちの夏。

全国高校野球選手権大会の千葉大会の開会式が

今日行われました。

いわゆる 『甲子園』 を目指す闘いです。

高校に行っても野球を続けているRWの先輩たちも

何人か出場します。


中には、今の6年生がまだ1年生だった時に一緒に過ごした

あこがれの先輩のうち一人で Ⅰ 選手が、

CK高校で まだ2年生ながら先発ピッチャーとして

戦いに挑みます。

こうして硬式野球になっても、“あこがれ”の先輩のまま

活躍しているのは非常に嬉しいものです。


今日、グランド練習に手伝いに来てくれた高校3年生のA先輩の

                               (もう1学年、上でした)

話しによると、そのCK高校で I 選手のように本格的ピッチャーは

珍しいとのことです。

普通は、サイドスローやスリークォーターに変更させられるとか。

   ・・・などなどの高校野球裏情報も聞けて、

RWの先輩が来るといろいろ勉強になります。



そんなこんなで、なんか懐かしくなって昔の写真を探してみたら、

その I 選手がキャプテンだった頃の写真が出てきました。

Taro12

   その当時、6年生が10人、他は1年生~5年生で

   10人というさみしいチームでした。

左はしの背番号10番が、この夏 夢舞台を目指して戦う I 選手。

そして右はしのちっちゃい二人が今の6年生

   (まだ背番号もらえてません。。。)

ちなみに、今のTaro1キャプテンが1年生の時はこんなでした。

      (足、みじかっ!)

      (顔、まるっ!)


そんな歴史をふまえて、今年の県大会は例年より身近に感じて

応援していきたいと思っています。



そしてもーっと先輩でも大活躍中の選手がいます。

ATSUコーチのご子息(もちろんRW出身)が、

高校野球 → 大学野球 と活躍した後

どうしても野球が続けたかった彼は、社会人野球へと進んだんです。

そして埼玉のクラブチームで現在、4番を打つ一塁手なのです。

そのチームが今回 全日本クラブ選手権大会に出場決定!!

すごいですよ!

南関東大会予選を勝ち抜き、日本一を争うんですよ!

わずか21チームに残ったんですよ!

これから戦うその中には、

あの 『茨城ゴールデンゴールズ』 とか

あの 『NOMOベースボールクラブ』 がいるんですよ!!

それを、 お父様と同じ恵まれた大きな身体で、

堂々と日本一を狙うんですよ。


こうして先輩たちの応援をしながら、みんなも自分を磨き上げる。

とっても暑い・熱い夏になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 03 July 2006

油断すんなよベイベー。

今日は所属連盟のリーグ戦だった6年生でしたが、

前回に続いて逆転負けとなりました(泣

   『なんで? どうしてこうなっちゃたの?』

と、誰もが納得できない結果なのでした。

4回終了までは 「3(相手)対11(RW)」 とリードしていたはず。

このまま5回をしのげばコールド勝ちする・・・そう思っていました。

確かに、こちらの得点はほとんどが相手の1番手投手の四球による

押し出しで得たもの。

ピッチャーが交代してからは、それほど打つことはできていません。

でも、そのままの流れでイケる!!って思ってた。


それなのに、、、。

甘いコースに投げた球を外野に打ち込まれ連続ヒットされ、

交代したピッチャーもひじの痛みからワイルドピッチが続き、

結局、12点も失い逆転されたまま試合終了。

なにがなんだかわからない試合内容になってしまったのです。

点差があったから、油断してしまったような気持ちもします。

私自身、かなり気を緩めて見てしまっていました。

ものすごく反省しています。

なんでもっと集中していられなかったのだろうか? と。


一つ一つのプレーが、すべてうまくいかなくなってきたとき

いささか投げやりになって、声も出なくなってしまった選手たち。

一人がダメになると、感染してみんなダメになってしまうんです。


   『お前が駄目な時は~ 俺が頑張るから~♪』

野球アニメ 「メジャー(MAJOR)」 のエンディングテーマ曲で、

ザ・ルーズドッグスが歌う 「しょぼい顔すんなよベイベー」 

の歌詞の一部です。

私が大好きなフレーズなんです。 (宣伝かい?)


          よかったら聞いてくださいナ☆

崩れた気持ちを立て直してくれるチームメイトがいれば、

どんなに落ち込んでも、復活できる気がするんです。

それができたら今日の結果は変わってたように思えました。


っていうか、いつもそうなんですよっ! Aチームの場合。

なぜかリズムを崩しだすと止まらなくなるんですよっ!!

どうにかなってほしんですよっ!!!

なにか変化が必要なんですかねぇ?

も少しポジティブにならんのですかね??

   しょぼい顔すんなよっ!! 6年生!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, 02 July 2006

虹の力。

朝7時に集合したCチームの面々。

低学年の公式戦は今日が最後だってのに、

ポツポツとよこなぐりの雨が降り出して、少しヤな感じ。


試合が始まると、いきなりのヒットを打たれたり、

濡れたボールが少しすべりやすいせいもあって

四死球をからめ 初回から5失点となりました。

攻撃でも 相手ピッチャーをなかなか打ち取ることができず

点差は開くばかりの不調模様です。


ところが、4回になって規程にもより、ピッチャーが交代。

YUKIくんがうまいこと、落ち着いた投球をみせ無失点。

時間的に最後の攻撃となるRWは、10点差のビハインド。(汗

試合のときは いつも聞いてくる

   『あと何分ですか?』

の、時間が気になるタイムキーパー役のFUTOくんに

   『残り13分、その間ずっと攻撃してればいんだよ。』

とは答えたものの、今日の流れでは逆転はムリかなーと

思ってました。


ですがですが、二番手投手は連続四球。

REOくん、TAKEくんのヒットや パスボールなんかで

続々と点をかせいで5点差くらいにまで追いついた。

     その時!

   『あっ!! にじ~♪』

空を見上げる選手を真似て見てみると

雨上がりの空の太陽の周りに、まんまるく虹がかかっていました。

その不思議さに軽ーく感動していると、

またまた四球と暴投・捕逸などで加算されていく得点。

代走出場のKOKIくん・SHINくんも笑顔でホームイン!

盛り上がるベンチの興奮はMAX状態のまま、

やがて1点差! そして同点!!

代打出場のAKIくんが、ワイルドピッチの間

ホームを踏んでなんと サヨナラ逆転勝利!!!

最終回は見事11点を奪い返した勇者たちなのでした。


ほんっとに嬉しそうなみんなの顔ですが、

   『ヒーローインタビューは誰かな?』

   『いや、みんながヒーローだよ。

   『そうだよ、みんなが頑張って勝てたんだよっ。』

       なんてなんて、美しい心の持ち主なんだ! キミたちは(ウゥゥ。。。)

そしてYUKIキャプテンの口からは、

   『あの虹のおかげだっ!』

   『あの虹は、レッドウイングスの神様だったんだ!!』

思わず 『そうだ。 そうだ。 きっとそうなんだ!!』 と、

その純粋さにすっかり癒やされてしまいました。

Niji_1
   ってことで、神様を写メして

    お持ち帰り・・・。

    ばちあたりかなぁ?   


でもね、このミラクルはきっとキミたちのパワーの

おかげだと思う。

ダメだとあきらめないで、明るく元気に立ち向かう。

それが最後に実を結んだんだと思いました。

うん、絶対そうだってば。



   ・・・・・でもね、あれは正式には“虹”じゃないそうです。

   “光環”とか“日輪”とかって言って、虹とは言わないそうです。

   ちなみに太陽の反対側にできるのが、“虹”と言います。

   ですが、この光環は年に数十回しか見られないそうですから

   やはり“ミラクルの使者”には間違いないようです。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »