« May 2006 | Main | July 2006 »

Monday, 26 June 2006

時間よ止まれ。

まだ梅雨の真っ最中ですが、今日は2ヶ月先の秋季中央大会の

抽選会が行われました。

組み合わせや日程は協会のHPで確認できます。

この日に向けて多くの練習が行われることと思います。



そんな中、Cチームではいつものようにのびのびとした練習風景。

ランニング10周 (のびのびじゃなく、ハァハァしてましたが。)

準備体操やストレッチ、キャッチボールと、いい汗流しています。

REOくんのピッチングや、TOMOくんのキャッチャー姿など

いろいろなことを試しながら動いていました。

まだ体験中の選手たちにも、丁寧に基本を教えながら

コーチ達の “後ろにも目をつけて” いるかのような

まんべんない指導には 頭が下がります。



そして午後3時からはAチームの夏季大会の試合。

いつもより遅い時間のスタートに不安を感じながらも

これに勝てばベスト4という 期待感を持ちながら臨みました。

初回から首位打者SHOKIくんのヒットなどで2点もぎとり

まことに望ましいスタートです。

今年のSHOKIくんは、打席に立てば安打となる当たりばかりで

チームメイトKAIくん達から

   『アイツ、ばけもんじゃない?』

の声もこぼれるほど安心して見れます。


守備にいたっても、RYUくんのキレ球が光り

3回まではノーヒット、パーフェクトピッチングを魅せてくれます。

援護射撃はSAWAくん、SYOくんの二塁打などで追加点をあげ

非常に締まった、いい試合をしていました。

しかし4回、相手投手が左ピッチャーに代わると うまくミートできず

逆にRYUくんの球も合わされてしまって あっという間の同点。


残り15分となったとき、6回 相手の攻撃。

スムーズに3アウトとれば最終回のウチの攻撃になる。

・・・・・はずでした。。。。

時間は5時過ぎ、疲れも出てきます。

2アウトまでとったものの、死球やエラーで出したランナーが

ヒットで還り、得点を与えてしまいました。

でも、なんとかあと一つのアウトが欲しかった。

制限時間までに次の回の攻撃に入ればその回は最後まで出来る。

   -ほんとはタイムをとって、一呼吸入れてあげたい-

   -疲れているピッチャーを交代させて、リズムを変えたい-

思いとうらはらに残り4分では時間切れになって試合終了となる。

監督にとっては、苦しい気持ちがあったと思います。


それ以上に、『自分が投げなきゃ、試合が動かない』投手の立場で

ただ前に投げるしかなかった投手はつらかったのだと思います。

制球定まらないまま、四球押し出しとワイルドピッチ。

時間よりも先に7点差コールド負けでの試合終了になっていました。


その前に交代していても、時間切れだったのかも知れません。

あと数分の運命にどうする手を打つこともできず、

選手に委ね、祈っていることしかできなかった。

誰のせいでもないのですが、本当に残念でした。

確実に打ち勝っていただけに、ただ

     -時間に負けた。-

その気持ちだけが残った試合となりました。


まだいくつかの大会は残っています。

6年生にとって卒部までの何試合かを、悔いのないように

戦わせてあげたい。

スタッフも全力でサポートしてあげたいと、

改めて つくづく感じているのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 25 June 2006

習慣。

先週に引き続き、低学年大会の試合がありました。

先発TAIくんが伸びのいい投球を見せて投げきった初回でしたが、

この後、肩の痛みを訴え いささか動揺したベンチや選手。

リズムを崩したチームに、相手チームの積極的な攻撃や

あせった捕球などで追加点を与えてしまい

残念ながら黒星となりました。


練習量の少なさ・・・あまり守備をいじれないままの練習しか

今のチーム事情ではできないのです。

その結果が大きく出たということでしょうか?


一人ひとりはいい動きを見せていたと思うのですが、

今日の相手は先発・抑えともに左投手。

なんとなくやりにくい部分もあったのでしょう。

打者も先発5人が左バッターという王道をいくチーム。

日頃の練習とは様子が違っていたのかもしれません。

三振も多く、守備ではエラーもどきの内野安打も目立ちました。


そんな中、一番気になったのはグランドの広さでした。

ホームグランドの公園は、外野の後ろが小高い山か

段が高くなっている公園です。

外野が後ろにボールをこぼすと、すぐその中に入ってしまい

ローカルルールで二塁打としています。

ボールを拾いに行ってる間に、二塁以上を蹴っていっても

“二塁打”のジャッジが下り、二塁ベースに戻されます。

しかし、今日のグランドは延々と150㍍以上はあるかと思われる

遠い先までフリーの扱い。

強い当たりで後ろにそらしたら、いくら追っても追いつけません。

その間、ランニングホームランとなるのは いたしかたないのです。

   以前、それでYUKIくんがホームインしたこともありましたっけ。☆

ま、今日はそれを相手に見舞われてしまったのですが

その時のベンチにいた選手から、

   『あれ、二塁打だよねー。』   

   『そぅだよ、二塁打じゃん。』

という声があがりました。

すっかり、外野の奥にずっといってしまうと“二塁打”という認識を

持ってしまっているのです。

もしそのまま守備位置についていたら?

ボールに追いつくまで一生懸命追わずに、

あきらめてしまうかもしれません!

こういったウチのグランドならでは・・・の習慣が

いつか敗因につながってしまうことも考えられます。


たまには広いグランドで、外野 → 内野 → ホーム の中継が

スムーズにいくような練習ができるといいのにね。

いや、逆に低学年の試合のときは、あれだけ奥に転がったら

“フリー”ってのを無くしてあげたほうがいいのかな?



来週もこの同じグランドでの試合が予定されています。

次はそうはさせないぞ! こっちがランニングホームランしちゃうぞ!

くらいの強気なバッティングをヨロシク!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 19 June 2006

トリビアの食卓。

夜中の大雨でグランドは水たまりだらけ。

6年生が学校行事でお休みのため、今日は低学年だけの

練習の予定でしたけど、残念ながら中止。

   『明日は貸し切りだぁ~♪』

と、昨日 楽しみにしていた子供たちには可哀想でした。

専用グランドがないCチームにとって、

内野が使える数少ないチャンスでしたからね。

いつも はしっこでの練習なのに、上手くなっているのが

ほんとにスゴイとこ☆



で、今日は“○○家の食卓”もどきな裏技を教えちゃいます。

規則でバットのグリップやテープがはがれたりしてると公式戦では

使えないので、試合前に必ず審判がチェックしています。

どんなに素振りしても子供の握力ではそんなにグリップがへたる、

ということはありません。

ですが、グリップを止めるテープが はじからはがれてくる事が

よくあります。

Bat




 それでも試合前にはきちんと直しておかないと

絶対試合には使用不可なんです。

そんな時はいつも黒のビニールテープで応急処置をしていますが、

できれば自宅でいつもチェックして補修しておいてほしいもの。

なぜなら、ビニールテープはやがて暑さで溶けてベタベタしたり、

ずれて、‘のり’の残った部分に砂がついたりと

あまりいい状態を保持できないからです。

ウチのバットもマメにビニールテープを取り替えていましたが、

スポーツ店やネットで専用のテープを探してみたものの

そんなのぜんぜん見つかりませんでした。

グリップテープごと取り替えると、専用のエンドテープも

ついているのですが、グリップ自体は問題ないですからね。


そこで裏技!!

以前、愛車の原チャをデコレートしようと思って

ステッカーなどと一緒にカーショップで購入しておいたテープ。

Tape


 車のボディにラインを引いたり、

文字を書いたりできるもの?

ある日ふと 「これはもしかして使えるかも!?」 と思い、

   『実際にやってみた。』   (トリビア風・・・)

Batup


 これがまさにナイスな貼りごこち!

伸縮性があるので、やや引っ張りながらきれいに貼れる。

カー用品だから、太陽の熱や雨にも強い!! (はず。)

これでしばらくは「審判チェーックッ!」は心配ないです。


久しぶりに いい仕事しました。 ・・・一人満足・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 18 June 2006

約束と復活。

連日繰り広げられ、盛り上がってるサッカーW杯。

日本代表は初戦を逆転負けして、やや消沈ぎみの雰囲気。

そんな気分をスカッ☆と忘れさせてくれたRWの面々。


午前は低学年大会の二戦目が行われましたが、

試合前からやけにリラックス(しすぎ)の選手たちに、

   「なんかヤな予感がするなァ~」

なんてつぶやいていたMUコーチの予想に反し、

初回に満塁のピンチも無事に切り抜け

その回の裏には10点を取る攻撃!

順調に守りきり、得点を重ねていき

     公式戦初勝利! となりました。

1時間半で3回までの内容では、

残念ながら全員出場するまでの余裕はなかったですが

じとじと蒸し暑~い中で、みんな強気で動いているのが

とても印象的な試合でした。


TAIくんは100球を超える投球で踏ん張り、

YUKIくんは捕逸無し・安打・二塁打・三塁打の10割打者。

TAKUくんは全打席四球を選び、毎回盗塁→得点。

REOくんへの強烈なライナーの捕球もかっこよかったー!

出場選手の全員が進塁をすることができて、

盛り上がること、盛り上がること・・・。


実は試合前に、RIKUくん達に

   「今日はなんか一つ、約束しようか?」

   「“三振しない”ってのはどう?」

と持ちかけたのですが、

   『え~っ、ムリー。 “見逃し”三振はしない ならいいよ。』

   「ダメー! 弱気すぎー。 “三振はしない”だよ」

   『わかった。 いいよ。』

と、約束を交わしていました。

試合終了後すぐに、

   『約束守ったヨー! 三振しなかった!!』

と、めちゃくちゃ笑顔で嬉しそうな顔。

そうそうヒット打ったもんね。

特にごほうびも なーんもなかったけど、ほんとにヨカッタ♪

私も小さな喜びを感じられることができました。



そんな勝利の余韻にひたりながら、即 公園に戻り

6年生の練習試合が始まります。

春から肩を痛めていたエースのRYUくんが、治り

久しぶりにマウンドにあがりました。

彼の持ち味の速球は、やはり簡単には打たれません。

5回までの投球で、奪三振8つ、被安打3本。

バックの守備もテンポよく動けるから、

エラー無しの好成績で こちらも勝利!


SHOKIくんの10割バッティングもさすがだったし、

さきほどまでの低学年と試合時間はさほど変わらないものの

7回まで進むこのリズムは、さすが最高学年ならではでした。

球の勢いが違うもんね、当たり前だけど。。。



チームのエース復活で、こちらも勢いに乗ることができそうです。

   頑張れっ!! 日本!!    (ン??)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 12 June 2006

迷走・奔走・東奔西走。

朝方から雨が降り続いています。

とりあえず試合がどうなるかわからないので自宅待機。

その後もなかなか決定が下らず、繰り返される連絡網。

待機 ⇒ 保留 ⇒ 待機 ⇒ 中止 ⇒ 待機 ⇒ 集合!!

(↑この間5時間弱。)

      ええっ!!   試合やりますか? 

雨降ってますがな・・・。

グランド、使えませんて・・・。


それでも試合場所になんとか行ってアップ開始。

むりくりでも試合を消化したい気持ちもあったようですが、

実際 走ればすべる土の上で、全力で戦おうとする選手は

捕球だって送球だってまともにできません。

すべって転んで、やはり危険という判断。。。

結局、開始せず 中止となりました。 -このとき14時-

(こうなることは、朝の時点で分かるようなもんですが?)


梅雨どきなのに、日程がつまっているのは理解できます。

しかし、まずは“野球”ができるかどうか、

見学者と違って、グランドで全身を使ってプレイする子供たちの

安全を見極める判断が 課題となった一日でした。

そういった意味で、最終的に“中止”の決断をされたことは

ありがたく感じるものの、

少し愚痴っぽくなるのは仕方ないですよね?

本当に振り回された一日でした・・・。

関係者の皆様、お疲れ様でした。


と、いう訳でつまらないので

   『お気に入り紹介シリーズ♪』     (いつからシリーズ化に?)

以前に紹介した『少年野球BLOG』で見かけてから

手に入れて、楽しんでいるのが

グーグル・アース』っていうソフトなんです。

地球の衛星写真を見れるというものですが、

子供の頃にやった、地球儀を回して世界の各地を探す感覚。

世界中のどこだろうと 近づいていって空から見れます!!

Gaearh
最初はこんな感じのごく普通の地球でも、



Gachiba

マウスを動かすだけで、あっちゅう間に千葉が、

Gakouen
そしてこれが我がグランド (わかりづらいな~)

でもここまでアップできるんですよー!  (探すのがまた楽し~☆)

Gagakko

んで、これが小学校。

なんとなく、子供たちが外で遊んでる?

って、自宅までばっちり探せますよ~(非公開ですが。)

Gany
世界にも目を向けるとこんな感じ。

わかりますか? 真上から見た

     Statue of Liberty-自由の女神

これで世界旅行(もどき)ができますヨ☆

空から見ると、看板とかの目印がない分

行きたいところになかなか行き着けないのが

またかなり面白い! 一度お試しください。

(しかしコレがリアルタイムで、解析度UPで公開されたら?

常に私たちは上から監視されてる状態に。。。 悪いことできませんってば。)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, 11 June 2006

対戦。

関東も昨日、梅雨入り宣言。

暦の上でも明日が“入梅

とはいえ、今日は蒸し暑く夏っぽい天気でしたが

いよいよ明日が夏季大会の初戦!

きびきびとした練習で、水分もたっぷりと必要な様子の一日でした。


午後からの練習ではレギュラーメンバーの守備に重点。

コーチが打つと同時にランナー役の低学年を走らせてます。

日頃はまだ力差のあるAチームvsCチームですが、

AOコーチに四方八方打たれては なかなか思うようになりません。

もちろんゴロでもフライでも、簡単に処理するのですが

大当たりが出ると、低学年に塁を回られてしまいます。

とっても真剣な顔で走る低学年を、なんとかアウトにしたい高学年。

仲間内でやる紅白戦より、いいライバル心が出てて

真剣勝負っぽくてよかったみたいです。

それにしても必死に走るチビちゃん達の顔ったら・・・。

アウトになっても楽しそうな顔ったら・・・。

こうやって、次の塁に進む喜びの中で

いい走塁練習もできていたようです。


その後はレギュラーメンバー vs 指導者+αの紅白戦。

MIコーチとTSUコーチのバッテリーに負けじと打線も必死です。

しかし、コーチ達が守ると内野が小さく見えること。。。

どこに打っても、高いバウンドだろうと 捕られちゃいます。

強烈なサードへの当たりを打ったDAIくんの球も、

横っ飛びでAOコーチにキャッチされちゃいましたぁ。

   (おしかったのよねー、普通ならヒットなのにー!)

これまたライバル心 芽生える展開のまま試合が進み、

結局 最終回に同点となったものの試合終了。

引き分けという、うまい具合でお互い満足。(?)

うらみっこ無しとは、まさにこの事・・・。

   (ん? 練習か。 べつに勝ち負けぢゃないんだけどね)

いや、でも丸くおさまったってことでO.K!!

選手以上にめちゃ身体を動かしていた指導者の方々に

          拍手~♪♪

チーム内に こんなにいい対戦相手がいたなんて、

よかった。 よかった。

   (だから、わざとそうゆう指導をしてるんだってば。 わかってないな~)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 05 June 2006

全員集合っ。

先週は地元小学校の運動会予定で練習がありませんでした。

それも結局、雨で実施できず 昨日やっと終えることができて

今日は久しぶりにグランドに顔を出したみんな。

移動して、夏季大会の開会式に参加です。


開会式の行進の先頭のプラカード持ちは、普段はキャプテンですが

今回は華やかさを出すために、女の子や小さい子にしましょう・・・と

いう話があり、RWはSHOKIくんの弟のHIROくんにお願いしました。

HIROくんは今、一年生ですがお兄ちゃんにくっついて見に来ては

練習したり、日頃からキャッチボールしたりしているので

腕前はなかなかのもの☆

もう少し学校に慣れてみないと。。。ということで入部はまだですが

今後のRWの期待の星なのです。


ずっと持っていると重さで腕がプルプルしてきそうなのですが、

真剣に必死で高く掲げていました。

いつもと違ってお花で飾ったプラカードも似合って

とってもカワイかったです。



今日は今期になってお休み無しで初めて全員集合だったんです。

毎回、誰かしら一人、二人のお休みだったり

AとCの別行動で、なかなか揃いませんでした。

行進を見ててもぞろぞろと たくさんの選手が歩いていました。

チームとして全選手の集合写真を撮ることもできました。

0664summer

ってことで(ちっちゃいですけど一応UP)




その後グランドに戻ってそれぞれ練習していました。

久しぶりのグランドだから、コーチ達が早速整備していると

伸びた雑草を引っこ抜いたりして、お母さんたちも手伝います。

子供たちがケガしたりしないように いい状態のグランドを作ることで

また病人・ケガ人無しの全員出席できればいいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »