« 春雷。 | Main | 竹の子ニョッキ。 »

Monday, 10 April 2006

ボーダーレス。

先週に引き続き、春季最後の試合。

低学年もOBも、応援にきてくれていました。

ですが、うって変わって元気のない試合展開となってしまいました。

   (消化試合なんですか?のごとく) 気合の乗らない様子です。

結果、5回コールド負け。

みんな、どんよりと曇り模様の顔です。


途中、BallBoysのKAKEくんから、

   『頑張って~、あと11点取れば 逆転だよー♪』

という声が聞こえました。

     正解!!

負けてたって、それ以上の得点を取ればいいという

単純な引き算なんです。

その無邪気な気持ちが、ヤル気につながるのだと

教えてくれた気がしました。


公園に戻って練習、練習。

Aチームが昼食に入って、グランドが空いたところで

Cの子たちのバッティング練習が始まりました。

守備にはコーチ達がついています。

そうそう簡単にはヒットになりません。

いつもすみっこの芝生で練習しているので、

   『バッターボックスに立つと、足が震えるんだ。』

と、TOMOくんも昨日 言っていましたが、

Aでも出ているYUKIくん・KENくんは さすがに打ってきます。

NAコーチやMUコーチが、外野までボールを追って

ガンガン走っている間に、どんどんベースを蹴っていました。


食事を終えたSHOKIくん・KOUくん・YUくん達が、

見てるだけじゃ物足りず、ランナーをかってでました。

なぜかいつも満塁の状況でのバッター練習・・・。

二巡目、三巡目となると、みんなも当ててくるようになり

MUコーチの予想外の方向に来たボールが抜けていき、

先輩ランナーたちも、バッターもぐるぐる回っていきます。

みんな必死で、バットを振っていました。


閉会式を終えても練習は続きます。

AvsCの紅白戦。

Aチームは逆のバッターボックスに立っての打撃というハンデ。

まだまだ緊張しながらのCチームでしたが、

ピッチャーTAIくんは 真剣な表情で投げ、立ち向かっています。

ベンチにいる子も やっぱり座ってられず

前に身を乗り出しての応援、自分の打順に備えています。

強い打球にあせって捕球しながらも、頑張っていました。


Aチームのベンチ側では、

   『こんな練習、つまんない。。。』   (こらこら・・・)

と、言いながらも ヒットを打った、打てなかったで

仲間同士の様子を(冷静に)見つめていました。



普段は、レベルの差・練習内容の違いで AとCが完全に

二分化されていますが、たまにはこうやって

へだてなく交流するのもいいと思います。

今度はAもCもシャッフルして、チームを作ったら

またひと味違った楽しみ方ができるかも?と、思いました。

    あ、、、練習じゃなくて 遊びになっちゃいますかね?

|

« 春雷。 | Main | 竹の子ニョッキ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80968/9515931

Listed below are links to weblogs that reference ボーダーレス。:

« 春雷。 | Main | 竹の子ニョッキ。 »