« にぎやかに。 | Main | “気”合い充分。 »

Monday, 06 March 2006

ザ・ジャッジ。

今日は指導者の審判講習会。

みんなが正確、かつ公平な審判ができるように審判部から

統一した指導が行われました。

見本として動く・・・というかお手伝いに参加した5年生は、

他のチームのメンバーと冗談を言い合ったりして馴染んでいる中、

いつもと違って 教わる側になるコーチ陣は

かなり緊張して面持ちでした。




まずはグラウンドをランニングしたそうですが、

   『1週だから、よかったですよ。』

   『10週くらいしたら どうしようかと思いましたよ。(笑』

と、話していました。

  (いやいや、そんなこと言わずに 10週したとこ ゼヒ見たかったですよ・・・)


そんな中、MIコーチからの情報として

主審が行うボールカウントの確認があったそうです。

野球に詳しい方ならとっくに承知のことかと思いますが、

少年野球の中でも、いつのまにかボールカウントが

米国メジャーリーグ同様、ボール先行のコールになってきました。

高校野球でも’98年から正式に採用されていたので、

今やそちらが主流とも言えるのでしょう。

ですが、長年 日本のプロ野球中継になじんできた世代にとっては

   「1-2(ワン・ツー)」 と言えば 

     「1ストライク、2ボール」 なのに

   それが 「1ボール、2ストライク」 になるのだから

   多少混乱します。

これからは 「ワン・ツー」 という略した言い方は 

     しなくなるのですかね?

それじゃあ 「ツーナッシング(2-0)」 

     という言葉も消えるのでしょうか?

それともそれは 「2ボール・0ストライク」 のこと?

スコアボードやTV中継の画面でも 「S・B・O」 とあるのですから、

やっぱり“ストライクが先”っていう頭で育ってきてますからね。

すぐに切り替えるのはなかなか難しいと思います。



でも、これから子供たちに教えていくのにどうなるんでしょうか?

よく、試合中に監督とボールカウントの確認をします。

   『今、カウントは いくつですかね?』

   『2-3(ツースリーです。』

これは、お互い 「2ストライク、3ボール」 だと理解できますが、

このまま選手に 『ツースリーだぞ~!』 なんて声をかけたら

 (2ボール、3ストライクって何? 三振じゃん?)

って混乱を招くんでしょうか?

そんな心配はくだらないのかもしれませんが、ふと思いました。



選手たちにとっては、思うように野球ができずに

   不完全燃焼だったようでしたが、

大人にとっては いろんな勉強になる一日だったようです。

|

« にぎやかに。 | Main | “気”合い充分。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80968/8964501

Listed below are links to weblogs that reference ザ・ジャッジ。:

» Buy phentermine order cheap online. [Buy cheap phentermine online.]
Buy phentermine cheap phentermine diet pills index. Buy phentermine online discount cheap pharmacy. Buy phentermine buy cheap phentermine online. [Read More]

Tracked on Saturday, 26 May 2007 at 08:37 PM

« にぎやかに。 | Main | “気”合い充分。 »